ウォシュレットがついているトイレの水漏れの原因と対策について

今やウォシュレットは欠かせないアイテムのひとつです。多くの家庭で当然のように取り付けられていて、2015年度の調査では実に77.5%もの家庭に普及しているということがわかりました。そんなウォシュレットですが、長年使い続けることによって当然ですが劣化していきます。そしてウォシュレット 水漏れを引き起こすこともありますので、頭に入れておきましょう。

■まずは電源を落としてから原因を探しましょう

ウォシュレットからの水漏れに気づいたら、まずはトイレの止水栓を閉めてウォシュレットの電源を落とすということが基本です。ウォシュレット 水漏れは簡単に対処できる場合もありますが、やはり水と電気を扱う器械ですし感電などのリスクも高まって危険を伴いますので気をつけましょう。
原因としてはウォシュレットのノズルやリモコンの電池切れ、本体のそのものの故障などがあげられます。ウォシュレットのノズル内にある弁は水の行き来をコントロールする役割を果たすのですが、電気系統の故障によって正常に作動しない場合がありますので注意が必要です。また、ノズルが引っ込まないといったトラブルも多く、いずれにしても専門の業者にお任せすることをおすすめします。

■水漏れの状態を確認しましょう

リモコンの電池切れも考えられる原因のひとつですのでとりあえず電池を交換してみるというのも故障を確認する上で大切なことです。便座の脇に備えつけられているタイプの場合は電池コンセントから電源をとっているので電池切れになることはありませんが、壁掛けタイプのリモコンの場合は電池切れも疑ってみましょう。
ウォシュレット本体に固定されている細いホースを通って水がノズルに行き渡り出るという仕組みになっていますが、これが途中で切れている場合などはノズルまで水が達しません。そうすると本体の内部で漏れてしまってウォシュレット 水漏れといった事態を引き起こしかねません。こうなりますと素人が修理できる範疇を越えていますので専門の業者に依頼することをおすすめします。

■まとめ
今やウォシュレットはトイレには欠かせないアイテムです。日頃から丁寧に取り扱うとともに、もしもの時は無理して修理をしようとせずに、専門の業者に依頼した方が安全で確実です。プロにお任せするまでの応急処置として、止水栓を閉めて電源プラグを抜くといった基本的なことは必ず実行してください。これを行うことによって本体の内部で水漏れを引き起こしている際階下への漏水や床への浸水を予防することができるので意識しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ