トイレの水漏れ修理を出来るところまでやってみよう

トイレの水漏れが発生したら、最終的には専門の業者に頼らざるを得ない場合もありますが、正しい知識さえあればまずは自身で出来るところまでやってみることも方法の一つです。素人が出来る範囲は限られてはいますが、知識と準備が整っていたらある程度修理することも可能なので、日頃から意識しておきましょう。

■修理に必用なアイテムを準備しましょう

修理に必用な必用な物は、手袋とラバーカップ、水が入っているバケツと何も入っていないバケツ、レンチとドライバー、交換用パーツなどがあげられます。
手袋は手の汚れを予防するために使いますし、ラバーカップはトイレ 水漏れの原因とも言えるつまりを取り除くために使います。バケツは各種パーツを洗う時に使ったり水を流す時にも使いますので、水が入っているものとそうでないものを用意しておきましょう。次にレンチですが、こちらはナットを緩めたりする際に使用します。ドライバーは止水栓を開けたり閉めたりする際に必要となりますし、交換用のパーツがあると作業がスムーズに進みます。
いずれもトイレの水漏れの修理には欠かせないアイテムになりますので準備しておくことをおすすめします。

■修理をしましょう

修理用具を揃えたらいよいよ修理を始めますが、まずは、トイレのどの部分から水漏れが発生しているのか場所を特定しなくてはなりません。給水管から排水管に繋がる分岐、排水管とタンクの接続部分、タンクと便器の間にある配管などから水漏れが発生しているようであれば原因は配管にあります。
給水管から排水管に繋がる分岐の場合は、タンク側の排水管と止水栓のナットの順に外してパッキンを交換するだけなので簡単に行うことが可能です。排水管とタンクの接続部分からの水漏れの場合も簡単です。ナットを緩めてからパッキンを外して新しいものと交換しましょう。タンクと便器の間にある配管から水漏れしている場合はパッキンの不具合や配管のナットの不具合が考えられますので、まずはナットの緩みを確認して緩んでいる場合はしっかりと締めることが大切です。それでも水漏れが起こる場合は、一度タンクの水を抜いて配管のナットを外して新しいパッキンに交換しましょう。
次に、便器内に少しだけ水が流れ続けている場合や反対に多量の水が流れ続けている場合、トイレのタンク内から少しずつ水が流れている場合は便器内やタンク内が水漏れの原因となっている可能性が考えられます。便器内で少量の水が流れ続ける場合は、浮き玉の位置を調節する必要があります。水位調節リングのロックを解除してリングを左方向に回しましょう。また反対に多量の水が流れ続けている場合はタンク内の水を便器に流したり止めたりするフロートバルブがずれている可能性が考えられますので、トイレのタンクの蓋を開けて正しい位置に戻しましょう。また、タンクの中で水が少しずつ流れ続ける場合はボールタップの劣化が考えられますので部品の交換をおすすめします。

■まとめ
自分で修理するためには、修理内容についてある程度の知識があるとスムーズです。また、必要な道具や新しい部品などをあらかじめ準備する必要があります。しかし、それらを使ってできるところまでやってみても無理な場合は、専門の業者に依頼しましょう。修理に失敗してしまうと被害が拡大する恐れもありますので注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ